明日のスターは名古屋から
地元で活躍するアマチュアバンド
LYNN WOOD
以前アマチュアバンドを紹介したのは、ガールのF.C.誌Vol.3 "ELL"に出演した東京のバンド、
シャネルのみでしたが、本郷からは、できるだけ数多くのバンドを紹介していきたいと思ってます。
もしかすると明日のスターが彼らの中から生まれるかもしれません。ツバつけるんなら早いもん
勝ちですぞ!!
いつも大きなコンサートホールにしか足を運んだことのない人、たまにはライブハウスで活躍するアマチュア・セミプロミュージシャンのコンサートを覗いて見ない? 
ちょっぴり大人のフィーリングを持ち、楽しいポップスを聞かせてくれる、そんなバンドが名古屋にもいたんですよねえ。  その名もLynnWood(リンウッド)ポプコンセミファイナル、ハッピーフォークコンテスト中部地区決勝大会出場の実力をもつ彼らを天白区にオープンシタライブハウス”コーンカーーンイースト”で3・19(土)キャッチ。ドラマーの加藤選手が風疹にかかり代役として急遽"ToneMusic"の八木先生が出演ということになりました。
まずは約40分づつ、2回のコンサートの模様から。曲はすべてオリジナルで軽いポップスあり、ハードあり、ボサノバ風のもありであらゆるジャンルの要素を取り入れ、リーダーのShojinのパーカッションが意外とフィーチャーされているのが特色である。
一部ではギターとベースのコンビネーションに多少のズレが見られ、リズムの要となるドラムとベースが初のセッションということもあって、・・また 相手が先生ということで、岡本選手 だいぶん緊張しておりましたぞ。
出来としては9:30から始まった二部の方が上出来。選曲もこちらの方がベター。 Shojinの観客の乗せ方は大したもので、昔 漫才をやったことがあるのか、はたまた文化センターの「話し方教室」に通ったことがあるのか次回 聞いてみよう。
全体的バランスとして、ボーカルの音がやや小さめで、言葉も聞き取りにくかったのが残念。
又 テクニックに走る傾向があり、バンドとしての方向性がいまいち掴めない。器用貧乏という言葉があるように、どんなジャンルのものもこなせるというのはかえって面白味を欠くのではないだろうか。曲にも個性と新鮮さがもっと欲しい。
Shojinの語りや、岡本選手の清志郎の「ようこそ!」の物真似で客を喜ばせるのも必要と思うがそれ以上に曲で、唄で観客のハートを熱くして欲しい。このままライブハウスで活動していくのなら構わないが、やはりメジゃーな存在となるには、これだ!というバンドのカラーが欲しい。
私は絶対Lynnwoodにメジャーになって欲しいし、彼らはその可能性を持っていると思うから。

ベーシストの坂口選手

リーダーのShojinとギター坂口選手

→ page 2

その2