Interview
バンドリーダー Shojinに聞く
*       : 何故 コーラスを中心とするポップなバンドをやっていこうと思ったんですか?

Shojin:機械の音の広がりよりもボイスの広がりを作るほうが暖かいでしょう。
            うまけりゃ スゴク感動ができるんだよね。ただのストリングで音を合わせるよりも・・・・。
           オフコースやハイファイセットがいるけれど、日本のグループでコーラスを確立
           させているバンドはまだ少ないんじゃない。コーラスっていうのは残された分野だと
           思うんだヨネ。
*       : 結成してどのくらいですか?
Shojin:リンウッドという名前は古くてフォークの時代もあったし、ロックに変えてからは3年くらい、
            今の編成になったのは1年。
*       :作詞・作曲は主に誰がして、どういうときに曲のイメージが浮かびますか?
Shojin:坂口の曲と僕の曲が半々で1,2曲 智美の曲があります。 フレーズが浮かぶときと
            詞が浮かぶ時があるね。
*       :例えば自分の心の心境で失恋したときとか・・・?
Shojin:そういうのは多分にあるヨ。
*       :アー、多分にあると!(急に声がデッカクなる)よく失恋するんですね。
Shojin:(あせり出して)いや、失恋じゃなくて、そのもうひとつ前、常に恋をすること。イエイ!
*       :オリジナルということもあって、バンドの中でいろいろ意見が別れることもあると思いますが、
            そんなときの解決法は?
Shojin:まだ音楽の勉強が足りないから、どうしても似通っちゃうけれど、手前勝手にいい風に
            解釈すれば、沢山の人間が集まって1つの色を出したらいいと言うことはあるんだよね。
            1つのメロデイを基礎にして、いろんな形でいろんな色にしていくのがいいと思うので、
            とにかく皆が意見を出し合って、それにトライしてみるわけ。
*        :ケンカすることはありますか?
Shojin:ケンカまではいかないけれど、それは僕たちの音への突っ込みが浅いからだと思うヨ。
*       :バンドの中で誰が一番モテますか?
Shojin:淳じゃないかな。(途中で岡本君が)その次僕ね。
            岡本君の場合はアイドル的なモテ方じゃなくて、キャラクター的にモテるね。
            淳の場合は、まだアイドル的にモテる。 僕は中年にモテるヨ。
*        :将来の抱負を聞かせてください。
Shojin:早くバンドの音を確立させたい。

← 1 page